日本の四季
春春のリンク
夏夏のリンク
秋秋のリンク
冬冬のリンク

コンテンツ

過払い請求以外にもいくつかの債務整理の方法

ここ数年間、過払い請求が頻繁に行われるようになり、多重債務者が減少したかのように思えますが、不景気の影響で収入が減少したり、失業する人が増えており、借金や経済的理由で自殺をする人は依然と少なくなっているわけではありません。

借金の問題は人に相談しづらいということもあり、一人で抱え込んでしまう人が多いようです。しかし、自殺をしても残された家族が苦しむだけで何の解決になりません。すこし勇気を出して、誰かに相談してみましょう。

過払い請求以外にもいくつかの債務整理の方法がありますので、状況に合わせて負担を軽くすることができます。弁護士や司法書士が解決への道へと導いてくれます。

債務整理を行うメリット

債務整理を行うと、メリットも多い。場合によっては、借金がなくなり、取り立てに来なくなる事もある。

これは、借金に悩んでいる人にとっては究極の解決方法と言えるだろう。
しかし、意外にデメリットがある事をあなたは知っているだろうか。

なんと、債務整理を行うとブラックリストに掲載されてしまう。
そのため、その後の数年間は新たにお金を借り入れる事ができなくなる。
さらにクレジットカードの審査にも合格する事もできなくなるようだ。

そのため、よい点とよくない点をしっかり把握して自分にあった方法で借金問題を解決する必要があると言えるだろう。

債務整理で和解するなら弁護士に任せる

債務整理を行う場合きちんとすべて清算できているかどうか。また、払い過ぎなどないか心配ごとがつきません。せっかくすべて清算したと思ったのに、すべての利息分を支払っただけで元金の支払いが残っていたり、身に覚えのない利息が追加されていたりとトラブルがあっては不安で仕方ありません。

そこで、債務整理をきちんと行うのであれば弁護士を通してしっかりと和解するべきなのです。弁護士と通せばしっかりと支払い内容を確認できますし、これ以上支払うことはないという内容の文書を証拠として得ることができるからです。弁護士費用は多少かかりますが、安心して債務整理するには必要な経費といえます。

生活保護者が債務整理をするメリットとデメリットとは?

生活保護者が債務整理をするメリットとデメリットとは、借金の返済を進めるうえで、重要な事柄として扱われることがあります。特に、高額な借金の返済について悩みを抱えている場合には、同じような年代の人々の成功体験談をチェックすることで、すぐに役立つ知識を身に着けることが可能となります。

また、生活保護者の経済的なリスクについては、色々なメディアで度々取り上げられることがありますが、常日ごろから債務整理の手続きの取り方を正しくマスターすることによって、将来的な家計の負担を軽くすることができるといわれています。

任意整理と債務整理の違いについて

借金を抱える方は払い過ぎていないか、利息を変えてもらうことはできないかと考えられたことがおありかと思います。法的に借金を整理することを債務整理と呼び、弁護士や司法書士へ相談することで行えます。その中には自己破産なども含まれるのですが、債務整理には任意整理という聞きなれない単語も含まれています。

これは貸した側と借りた側の双方で話し合うことで利息の軽減などを行う事を指します。こういった問題を専門に扱っている事務所も大阪など各地に存在します。無料で相談を受け付けている事務所もあるので、まずは気軽に相談してみましょう。

自己破産という債務整理では財産は競売にかけられる

債務整理の手続きの1つである自己破産の申し立てをして債務を免責されることが決定すると、借金を返済する必要性がなくなるため、唯一のメリットであるということができます。

生活に本当に困窮していて、債務を返済する目処が全く立たないという状況であるなら、誰にでも自己破産の申し立てをすることが許されている行為なため、人生を1からやり直すこともできます。

しかし、必要最小限の財産以外は全部競売にかけられて換金されることになり、そのお金が債権者に渡されることになります。マンションや、マイホーム、マイカーなどは競売にかけられることを覚悟する必要があります。

債務整理に関する記事

当サイト「日本の四季」では、温泉旅館から結婚式場や引き出物、お線香についてなどの多くのコンテンツをご紹介しています。リサイクルショップについても掲載中です。制作者紹介についてはこちらから。

トップページサイトマップ制作者紹介