日本の四季
春春のリンク
夏夏のリンク
秋秋のリンク
冬冬のリンク

コンテンツ

御線香の意味

お線香をお供えする時は特に何も考えないかもしれません。

お寺やお墓または仏壇にはお線香をお供えするという風習が子供の頃からあるからお供えしているという人も多いのではないでしょうか。

でも、お線香をお供えするには仏教と切っても切る事ができない深い関係があります。

その事を意識しながらお線香をお供えするだけでもかなり、仏様に近づけるような気持ちになるかもしれません。

お線香に関するエピソードはたくさんあります。仏様がお線香を愛用していて、仏様と対話ができるという言い伝えが多い様です。

ネットで購入できる線香

最近では、日常生活の中で使用するいろんな物にフレグランス効果がある物が増えている気がします。香りにこだわりを持っている人もいる様です。特に柔軟剤などは種類も豊富です。

また、線香にも同じくフレグランス効果がある物もある様です。香りを試してみると、線香とは思えない様なモダンな香りがする物もある様です。部屋の中に香りが染みついてしまうのが、気になるという人や、お仏壇に供えるという分けではなくても、香りを満喫したい時に利用するのもいいでしょう。

たくさんの香りがありますので、いつも同じ香りばかりで飽きてしまったという事もないでしょう。たくさんの中から選びたいという人は、専門店などで探してみるといいでしょう。

お香、お線香通販は薫りショップ。

京都のお土産にお香

京都など和の文化に親しめる場所を訪れると、何か和を満喫できる様なお土産を買って帰りたいという事もあると思います。

その場合にはお香をお土産として購入するのもいいかと思います。

たとえば、京都にはお香を専門的に扱っているお店などもあると思われます。自分へのお土産としてお香を手に入れるのもいいですし、人に贈るためにお香をたくさん買って帰るのもいいかと思います。

京都へ旅する機会があれば、ぜひお香を買いに出かけるのもいいでしょう。観光地などで売られている事もあるかと思いますが、専門店を事前に見つけておいて訪れるというのもいいかと思います。きっと忘れられない旅になる事でしょう。

職人によりつくられるお香

非常に高いスキルを持つ職人によりお香が作られる事もあります。

お香を作る際には、香りの配合などは非常に細かい調整まで行われています。香りの種類が豊富にあるという事だけでなく、中には煙が少ない物や、もしくはほのかな香りがする物などもあります。作るという事に対して熟練していないと、できない事も多いでしょう。

魅力的なお香にするためには、素晴らしい原料を使用する事はもちろんですが、職人の手によって作り出されている部分もあります。普段は何気なくお香を使用する事も多いと思いますが、その背景には職人の努力があります。作っている職人の事について知ると、お香を使う際にも彼らに対するありがたみを感じる事でしょう。

ネット通販サイトでもお線香が買えます

お線香はインターネット通販サイトでも買えます。いつもの馴染みのお店で買うのも良い事ですが、たまには変わったお線香が欲しいと感じた時は、一度新しいお店で探してみましょう。

スマートフォンやパソコンを使えば、すぐに欲しい製品が見つかります。フルーツの香りが漂うもの、お菓子のデザインをしたユーモラスな製品などが、お線香専門店のインターネット通販で買えますので、気分を変えたい時や、ちょっとした贈り物を探している時にはまさしくうってつけです。

通販なら、じっくりと時間をかけて最高の一品を選べますし、お線香の値段や香りで比較検討してみるのも良いでしょう。

お線香が庶民に普及した理由

日本でお線香が初めて歴史に登場するのは室町時代のことで、めでたい出来事や季節に応じて香りを楽しむようになりました。それ以前にも、香木を焚いて香りを楽しむ文化はあったとされています。

お線香が日本に伝わってきた当時は庶民には手に入らない高級品で、主に公家の贈りものとして用いられてきました。お線香が庶民の間で普及し始めたのは、貴重な香木以外の材料を使い始めてからのことです。

材料以外にも、使いやすく長持ちするよう改良されたことで、お線香は家庭や寺院に普及しました。 そのため、近年ではお仏壇やお墓にお供えするためのものというイメージが広がっています。

お線香を贈り物としておくる時には

昔から葬儀や法事の際には、お線香を送る人が多かったと言われており、今でもその風習は続いています。日本に昔から伝わるものを送るということが日本らしさを伝えていくという意味でも非常にいいことです。

実は送るタイミングでのしが変わってくるのをご存じでしょうか?故人が亡くなられてから四十九日以内でしたら「ご霊前」、いつお渡しできるかわからないという時には、いつでも渡せるように「御供」としておくのが一般的です。法事の場合には「ご仏前」「御供」と記載します。

文字をのしに記載する際には、黒ではなく灰色で記載します。

多くの種類が存在している線香

線香には、一般的に好まれる香りが出される材料が細かく粒子状にされた上で練り合わせて作られています。

仏壇やお墓の供養などに用いられる細い棒状のものや、渦巻き状になった蚊取り線香など、様々な形状は目的に応じて使い分けされており、一般的にイメージされる香りと異なる種類のものも多く取り入れられています。

伝統的なものだけでなく、ラベンダーやローズなど、現代的な香りが取り入れられることも多く、若い女性にも人気の高い商品が多く見受けられます。また、贈り物としても人気が高く、送り先に対しても落ち着いた印象を与えることができます。

アロマテラピーで利用されるお線香

お線香といえば、お墓参りや仏壇などで長い間供養に使用されるものでありますが、最近ではアロマテラピーの一環として発売されている、爽やかな香りがするお線香などもあります。

意外な気もしますが、よく考えてみるとお香などと同じ原材料になりますので、そのような使いかたをしてもいいでしょう。癒しの香りだけではなく、薬効を利用した効果のある香りなどもありますので、合わせて利用してみることをおすすめします。

インターネットでは数多くの商品をみることができますので、そのような癒しを目的とした商品を合わせて確認してみるといいでしょう。

お香やお線香に関する記事

当サイト「日本の四季」では、温泉旅館から結婚式場や引き出物、お線香についてなどの多くのコンテンツをご紹介しています。リサイクルショップについても掲載中です。制作者紹介についてはこちらから。

トップページサイトマップ制作者紹介