日本の四季
春春のリンク
夏夏のリンク
秋秋のリンク
冬冬のリンク

コンテンツ

債務整理と自己破産はどのように違うのか

債務整理と一口に言っても、その方法は様々です。一般的な方法として任意整理、あるいは個人再生や特定調停があります。

任意整理は債務を圧縮し、分割返済する方法です。個人再生は住宅ローンを残し、他の債務をやはり分割返済します。特定調停もこれらの方法と似たやり方ですが、任意整理や個人再生のように、弁護士や司法書士に依頼して行うのではなく、裁判所に申立てをして行います。

また自己破産という方法もあります。この方法は収入が少ないなどの理由で、返済が難しい場合に、裁判所に破産を宣告し、債務を帳消しにしてもらうやり方です。この自己破産も、弁護士や司法書士に依頼して行います。

債務整理で自己破産をしても税金は支払う義務がある

住民税や、所得税などといった税金は、支払期限があり、期限を経過しても支払われないときは、商品を購入したときや、民間サービスを利用したときと同様に延滞金が発生します。

債務整理の手続きの中から自己破産を選び実行したとしても、延滞税を支払う義務まで免責になりません。支払う義務がある税金なため、税金を支払えるだけのお金を確保して、支払いを早めに済ませておく必要があります。

延滞税は日にちが経てば経つほど、払わなければならない金額が多くなってしまいます。所得を得ている金額が多いほど、納税する必要がある金額が多くなる仕組みの税金もあります。

任意整理や自己破産などの債務整理を行った事実は個人情報に残る

信用情報機関の1つである、JICCは、債務整理の中でも任意整理手続きを踏んだ情報は受任通知を債権者に発行してから和解に至るまでの期間中に登録されることになります。登録されてから5年間以上は登録され続けることになります。

5年以上の期間をかけて整理した債務を分割して返済を続けているときは、任意整理により整理された債務を返済している期間中に個人情報の事故情報だけが抹消される可能性があります。もう1つの信用情報機関である会社では、自己破産の手続きを踏むと5年間その事実が残ることになります。

債務整理をすると利息や遅延障害金はいくらくらい減るもの?

債務整理をすると利息や遅延障害金は全額カットされることが多いです。一番利用される機会が多いのが任意整理ですが、任意整理をすればほとんどの場合に、将来利息と遅延損害金が全額カットされます。

債権者によっては、「期間の延長には応じるが金利をゼロにすることはできない」という態度をとることもありますが、基本的には全額カットされると考えておいてよいでしょう。債務整理には個人再生や自己破産という手続きもありますが、個人再生では元本までも大幅にカットされます。

債務整理の自己破産では借金がすべて帳消しになり、その後の返済義務がなくなります。しかし、それに応じたデメリットもあるので、よく考えて行いましょう。

多重債務で苦しんでいる方は債務整理も一つの手段です

サラ金やカードローンなど、多重債務をしてしまい利息だけしか払えず、ずっと元本が減らない方が多くいます。そんな方は、債務整理を行うのも一つの手段です。大阪債務整理自己破産相談センターでは、多くの債務者が訪れ相談にきます。

相談センターでは、どうしたら借金がなくなるのか、いろいろな手段を使い考えてくれますが、どうしても解決することが出来ない場合、自己破産手続きを取ります。破産宣告をすると、今後借り入れやカードローンなどを組むことができないなど、いろいろなデメリットが生じるので、デメリットを説明してくれて、債務者が納得をしたらすべて相談センターが代理で手続きを行ってくれます。

債務整理で自己破産を適用した場合、自宅には住めなくなるのか

債務整理のひとつ、自己破産は、債務返済が不能であると裁判所に認められた場合には、債務返済の責任の一切が免除されます。ただしその分、一定以上の価値があると認められた財産、現金などは債務の返済に充てられます。

たとえば住宅に関することです。マイホームはその人が購入したものであるため、その人の財産に該当します。よって処分の対象となるため、自己破産が適用された場合には、それ以降、そこに住み続けるのは不可能です。

また仮に住宅ローンが残っている場合も、原則、住宅ローン会社によって処分、換価されるのが一般的です。第三者に時価で買い取ってもらい、賃貸として住み続けると言うのは可能です。

債務整理に関する記事

当サイト「日本の四季」では、温泉旅館から結婚式場や引き出物、お線香についてなどの多くのコンテンツをご紹介しています。リサイクルショップについても掲載中です。制作者紹介についてはこちらから。

トップページサイトマップ制作者紹介