日本の四季
春春のリンク
夏夏のリンク
秋秋のリンク
冬冬のリンク

コンテンツ

心地よい温度と温泉

温度が高く、熱い温泉に入るのが苦手だという人もいる様ですね。また、幼い子供なども熱い温泉が苦手という事もある様ですね。

いきなり湯船の中に入るのではなくて、かかり湯をしっかりと行ってから、ゆっくりとお湯につかる様にしたいですね。気になる人は、手を湯の中に入れてみるとだいたいの温度が分かるでしょう。また、中には何度のお湯なのか、という事を表記している事もある様ですね。

温度の急激な変化によって、体調が良くないと感じる時には注意したいですね。高齢者などの中にはお風呂に入る時に、体調を崩してしまう人も多い様です。あまり体調が良くないという時には、注意する様にしたいですね。

年末年始に宿泊できる温泉

年末年始には、どこかに遠出をするという人も多いのではないでしょうか。どこに行くか決まっていないという人は宿泊できる温泉施設に出かけてみてはどうでしょうか。友達や家屋と一緒に温泉に出かけると、非日常的な気分になる事でしょう。

仕事において休みが取れるという人も多いかと思います。休みを取る事ができれば、温泉はおすすめのスポットです。しかし、温泉施設で宿泊するのであれば、事前予約を行っている必要があります。

大勢の人が出かけるこの時期は予約が埋まるのが早いので直前の場合には急ぎたいですね。新しい年は温泉でスタートするというのも素敵ではないでしょうか。素晴らしい一年になりそうですね。

大地の恵みを受けた有馬温泉

日本三古泉の1つに挙げられる有馬温泉は古代から天皇や貴族の湯場として知られた名湯です。湯は大地の恵みを受け、環境庁指定の療養泉質の9成分のうち7成分が含まれています。太平洋の海水が地下深く四国を越え活断層を通り濾過され温められ、有馬の岩盤から湧き出ています。

塩分と鉄分が多く含まれた珍しい泉質で、湧出口では透明だが空気に触れると赤みを帯びる「金泉」と透明な「銀泉」があります。「銀泉」は炭酸泉とラドン泉の二種類があります。塩分を含んでいるため、湯に浸かると薄い皮膜を作り、湯成分をとどめ保温効果が持続する特徴があります。

温泉の種類

温泉には色々な種類があります。炭酸泉もその一つです。炭酸泉は、温泉のお湯の中に炭酸ガスが溶け込んでいます。

天然の温泉には色々な成分が入り混じっていますが、不純物が少なくて炭酸ガスだけを含んでいる温泉のことを単純炭酸泉といいます。

効能としては、血管を広げてくれる効果や、肩こりや腰痛への効果、血圧を下げる効果などが上げられます。保湿力など美容への効果も期待することができます。

日本では天然のところは少なく、また天然では循環や加熱をすると炭酸成分が消えてしまう扱いが難しい泉質です。

しかし、高い効能が期待できるので、日本では人工で炭酸泉を楽しめるところが増えてきています。

城崎温泉などの温泉や旅館の記事

当サイト「日本の四季」では、温泉旅館から結婚式場や引き出物、お線香についてなどの多くのコンテンツをご紹介しています。リサイクルショップについても掲載中です。制作者紹介についてはこちらから。

トップページサイトマップ制作者紹介